ファクタリングを利用する理由について

ファクタリングは売掛債権を安く買い取り、その債権を行使することで差益を得る方法です。

ファクタリング会社の比較

約束手形と異なり回収の保証がないため、安く買い取れる代わりに回収できない場合、その買い取った費用が損失となる可能性も高いというリスクが有るという欠点があります。
ファクタリングが行われる背景には、企業の売上制度と資金繰りの関係が大きく影響しています。

一般的に企業間の取引の場合には商品を先に納入し、のちに代金が支払われる売掛と言う方法が行われています。

そして、実際には現金が入金されていないのに帳簿上は商品を販売して代金をもらったような形で記載されるので利益が出たように見えてしまう部分が有ります。



しかし実際には現金が入金されるのが先になるので、その間に支払いが発生する場合には現金を工面しないといけないケースがあり、その為に売掛債権を第三者に売却して現金を作り支払いに充てるということを行う会社も多いのです。

売掛債権を売却する方法にはほかに約束手形を発行する方法も有りますが、約束手形の場合には債務者が支払いを出来ない場合発行した会社が弁済しなければいけない制度があり、その際には資金繰りの為に売却した債権の代金を返さなければいけないことになります。その為、売掛債権を売却することで当座の現金収入を得て、資金繰りを立て直そうとする会社にとって、売掛債権を売却したら後の責任を放棄できるファクタリングは非常に良い制度です。