ファクタリングによる売掛債務の資金化

最近では中小企業を中心に、黒字倒産が相次いでいます。
損益計算書上では黒字であるにもかかわらず、収支バランスが悪化して銀行への返済や仕入れ先への代金の支払いができず資金ショートしてしまいます。


せっかく苦労して会社を設立しても、会計上の売上や入金の意味を経営者が正確に理解していなければ、企業は事業を継続することができません。


そのような状態にならないように、売掛債権を早期に資金化するファクタリングという仕組が人気を集めています。

これは企業が保有する売掛債権を、金融機関の関連会社であるファクタリング会社に譲渡し手数料を支払う代わりにその分を資金化するというものです。

今までになかったファクタリング会社のランキングに関する情報を公開中です。

経営者が心配になるのは、売上したものの滞りなく代金回収ができるのかという点です。それが大口であればあるほど、売掛先が倒産したときの回収不能リスクは大きくなります。


また、売掛先が小口に分散している場合管理するだけでも手間と労力が発生します。

そのため、ファクタリング会社のような機関が間に入ることでムダな管理やリスクを最小限に減らすことができます。



また、リーマンショック以降、銀行員などは企業のキャッシュフローに注目するようになっています。


そのため、中小企業であっても資金繰り予定表を作成して企業がどのようにキャッシュマネジメントをしているのか説明する機会が増えています。

売掛金と買掛金のサイトに大きくギャップがあるのであれば、一度ファクタリングを検討すると企業体力も向上することにつながります。